NO IMAGE

映画『シッコ Sicko』と米国の医療制度

「華氏911」で時の政権を批判し、ブッシュ大統領の政敵となったマイケル・ムーア監督の最新映画が『シッコ Sicko』です。 2002年の映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』で銃問題を取り上げ...

記事を読む

NO IMAGE

日銀の「逆噴射的マクロ政策」

専修大学経済学部教授の野口旭氏が、平成16(2004)年7月6日号の「エコノミスト」誌に掲載された『日銀と経済学者が「歴史的和解」をする日』という論文で、日銀の金融政策についてあまりにも受け身過ぎたと...

記事を読む

NO IMAGE

リフレ政策と構造改革の共存は可能か?

「構造改革」という言葉の定義は極めて曖昧であり、例えば政府の構造改革関連のパンフレットにも明確な定義は見あたらない。そこで政府与党の主張に基づいてその意味を整理すると次のような内容になろう。  第一...

記事を読む

NO IMAGE

バブル崩壊からデフレの脱却へ:リフレ政策からの観点

ここではリフレ政策派のロジックに基づいて、バブルの崩壊から今回の景気回復までを概観したい。リフレ派の見方を採用するのも、私自身構造改革派のロジックではどのように説明できるのか見当がつかないし、またどこ...

記事を読む

NO IMAGE

「失われた10年」のデフレ不況をどう考えるのか

マスコミ論調を見ていると、「『失われた10年』と形容されるこれまでの長年の不況の原因は、国際競争力が落ちていることが原因で生じたものだから、短期的な景気対策などに頼らずに、構造改革を進めなければ根本的...

記事を読む

NO IMAGE

竹中平蔵氏の日銀追加利上げ批判に賛成

元・経済財政政策担当大臣、竹中平蔵氏については、氏の経済財政政策そのものについては取り上げていませんでした。では、竹中平蔵氏の経済政策について、とりわけ今一番のトピックである日銀による追加利上げについ...

記事を読む

NO IMAGE

景気回復は昨年の12月で終わった?

今年第一四半期(1─3月期)の国内総生産(GDP)の2次速報値が内閣府から発表になりました。 主な内容は、 1.前期比+0.8%(年率3.3%)となり、1次速報の+0.6%(同2.4%)から上...

記事を読む

NO IMAGE

消費者物価指数(CPI)2007年4月分、3カ月連続で下落

「総務省が25日発表した4月の全国消費者物価指数(CPI、2005年=100)は変動の激しい生鮮食品を除くベースで99.9となり、前年同月比で0.1%下落した。3カ月連続の下落で、下落幅は前月より0....

記事を読む

NO IMAGE

景気動向指数一致指数、50%を下回る

内閣府経済社会総合研究所景気統計部発表の景気動向指数一致指数が、3ヶ月連続50%を下回っています。これは、5月9日公表の3月分DI速報値により明らかになったものです。 この景気動向指数は、半月か...

記事を読む

NO IMAGE

昭和天皇を偲ぶ「昭和の日」

ことしから4月29日が「昭和の日」となりました。これは、4月29日を「昭和の日」、5月4日を「みどりの日」とする改正祝日法が平成19(2007)年1月1日から施行されたことによるものです。 この...

記事を読む

NO IMAGE

日銀はなぜ追加利上げしたがるのか?

日本銀行は今日21日の日銀金融政策決定会合で追加利上げを最終的に決定しました。これは短期金利の誘導目標となる無担保コール翌日物金利を、今までの年0・25%から引き上げて、年0・5%とするものです。 ...

記事を読む

垂れ幕やのぼりは公職選挙法違反か?

垂れ幕やのぼりは公職選挙法違反か?

千葉県成田市で今春の千葉県議会議員選挙に挑戦する中沢健さんのブログに、政治活動をするものにとって大変ためになる記事がありますので、ご紹介します。 よく街頭演説などの演説会で、名前を書いた垂れ幕を...

記事を読む

NO IMAGE

このタイミングの追加利上げに反対!

福井俊彦日本銀行総裁は、11月28日の名古屋での各界代表者との懇談で、追加利上げを推進すべきだと発言しました。私は、現時点でのこのような発言をすることに反対です。 日銀のウエッブサイトには、その...

記事を読む