NO IMAGE

なぜ日銀はデフレだと認めないのか?

  《緩やかな景気回復が続くなか、賃金がなかなか上がらない状態が続いている。(中略) 厚生労働省の毎月勤労統計では、9月の1人あたり平均の現金給与は27万3008円で前年同月比0.6%減。現金給与は...

記事を読む

NO IMAGE

米国、雇用重視の観点からインフレターゲット導入見送り

米国の中央銀行にあたる連邦準備制度委員会(FRB)のバーナンキ議長は14日の講演で、連邦準備制度委員会や、我が国の日銀金融政策決定会合に当たる連邦公開市場委員会(FOMC)の意思決定過程の透明性を高め...

記事を読む

NO IMAGE

国会同意人事の焦点は日銀総裁人事

民主党などの野党は、審議会委員などを任命するにあたって衆参両院の同意が必要ないわゆる国会同意人事に関して、運輸審議会委員の長尾正和氏、労働保険審査会委員の平野由美子氏などを再任させることに賛成しない方...

記事を読む

NO IMAGE

景気や雇用を守ることは日銀の政策目的ではない?

以前のエントリーで、景気や雇用を守ることは日銀の政策目的ではありません。と書きました。このことについて「景気や雇用を守ることが日銀の政策目的ではないというのはどういうことか、もう少し詳しく説明してほし...

記事を読む

NO IMAGE

藤波孝生先生のご冥福をお祈りします

元・衆議院議員で労働大臣や官房長官を務めた藤波孝生先生が28日午後4時22分伊勢市で亡くなりました。 私の初めての衆議院選挙は、藤波孝生先生が惜しまれながら引退された後の三重5区の議席を争う選挙...

記事を読む

NO IMAGE

会社法:「目的」がない法律

ブルドックソースに対するスティールパートナーズの買収工作は、8月の最高裁の判断まで決着がもつれ込んだもののブルドックソース側の事後的な買収防衛策導入が、最終的に司法に認められました。 簡単に言え...

記事を読む

NO IMAGE

日銀金融政策決定会合:利上げ見送りの模様

日銀金融政策決定会合が18日から通常通り2日間の予定で始まりました。 今回の金融政策決定会合では、米国の低所得者向け高金利型住宅ローン(サブプライムローン)の焦げ付き問題から生じた金融市場の混乱...

記事を読む

NO IMAGE

国家公務員制度改革とプリンシパル-エージェント問題

・国家公務員制度改革の現状 新しい行政課題への対応として公務員制度改革が求められている。特に、幹部公務員の他省庁からの公募や民間からの任用や、I種職員の一括採用などの手法が有効になるであろう。 ...

記事を読む

NO IMAGE

読みにくい6月の景気動向指数

2007年6月分の景気動向指数が発表されました。景気の現在の状態をあらわす景気動向指数の一致指数は77.8%で、3カ月続けて50%を上回りました。前にも書きました3ヶ月連続基準でいえば上向きになったと...

記事を読む

NO IMAGE

デフレ脱却遠のく

内閣府は、6日、政府経済見通しの年央改定を発表しました。いまだにデフレ脱却ができていないというのが日本経済の現状のようです。   《GDPデフレーターは前年度比0.2%から0.0%に下方修正。200...

記事を読む

NO IMAGE

映画『シッコ Sicko』と米国の医療制度

「華氏911」で時の政権を批判し、ブッシュ大統領の政敵となったマイケル・ムーア監督の最新映画が『シッコ Sicko』です。 2002年の映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』で銃問題を取り上げ...

記事を読む

NO IMAGE

日銀の「逆噴射的マクロ政策」

専修大学経済学部教授の野口旭氏が、平成16(2004)年7月6日号の「エコノミスト」誌に掲載された『日銀と経済学者が「歴史的和解」をする日』という論文で、日銀の金融政策についてあまりにも受け身過ぎたと...

記事を読む

NO IMAGE

リフレ政策と構造改革の共存は可能か?

「構造改革」という言葉の定義は極めて曖昧であり、例えば政府の構造改革関連のパンフレットにも明確な定義は見あたらない。そこで政府与党の主張に基づいてその意味を整理すると次のような内容になろう。  第一...

記事を読む