こんなに酷かった白川方明前日銀総裁の国会答弁

シェアする

白川方明氏の「中央銀行―セントラルバンカーの経験した39年」への疑問

 日本銀行前総裁の白川方明氏が「中央銀行―セントラルバンカーの経験した39年」という題名の本をお書きになりました。マスコミでもしばしば取り上げられています。日本銀行による過去の金融政策に賛否いずれの立場だとしてもスポットライトが当たることは歓迎したいと思います。

 しかし、ここで書評やレビューをするつもりはありませんが、白川方明氏の日銀総裁としての業績評価については私も与党の一員として円高デフレ脱却のために金融政策の提言をした一人として放置しておくわけにはいきません。

 白川方明氏自身はこの本の執筆の動機を「第一に中央銀行の役割について社会全体としてもっと議論を深める必要があるとの思いが強く、そのための材料を提供したいと考えた。二つ目は総裁時代が激動の5年間で、リーマン危機、欧州債務危機、東日本大震災、2度の政権交代があった。これらの記録を残す責任があると考えた。三つ目は日本経済や日銀についての海外の理解が不正確で、耐えがたかった。」と述べておられます。その大部な内容は、先進各国の中央銀行の主流となっている金融緩和を断固として拒否するご自身の理論を正当化するものです。しかし本当に白川方明氏が金融政策に関する論議を深めたいと思っておられるのなら、退官後ほとぼりが冷めた今、著作による言いっぱなしの形でではなく、在職時に国会の場で国会議員相手に質疑応答の形で行うべきでした。

ひたすら国会での議論から逃げ回った白川方明氏

 私は参議院議員在職当時、円高デフレ脱却を実現して、景気や雇用を回復させようとする立場から、日本銀行の総裁として参考人として国会に出席した白川方明氏と、通貨の信認、わが国でのハイパーインフレの可能性、ゼロ金利や量的緩和の解除の問題、銀行券ルール、日銀の説明責任などについて何回も議論しました。

 残念ながら白川方明氏は都合の悪い質問は作りかえ、定義も示さず、さらには答弁拒否とまったく議論から逃げ回っていました。質問前の質疑通告の際に「きちんと答弁するように」と質問取りに来た日銀の若手官僚には再三再四申し入れたのですが、馬耳東風でせっかくの質問時間を浪費させられてしまいました。説明責任に欠けるアンフェアな態度だったと言わざるを得ません。公開の場できちんとした議論もできない中央銀行の総裁がいくら分厚い著書を著したとしてもそれは単なる言いっぱなしの自己弁護であり、学問的には意味のないことだと思います。

 白川方明氏の知的誠実さの欠如の証拠として、以下で、拙著「デフレ脱却戦記2」(桜町書院刊)から、私と白川方明前日銀総裁との国会質疑の一部を解説付きでご紹介します。読んでいただければいかに白川方明氏の答弁がアカウンタビリティーに欠けたものであったのかをお分かりいただけるでしょう。白川方明氏のほかの答弁にご関心のある方はぜひ「デフレ脱却戦記2」をお手に取ってください。このほかにも雨宮正佳現日銀副総裁など日銀官僚による「独創的」な答弁をご覧いただけます。

「デフレ脱却戦記2」より白川氏との国会質疑の実例

 参議院財政金融委員会平成23(2011)年4月12日での質疑です。311日、東日本大震災が発災しました。犠牲になった皆様のご冥福をお祈りします。当時の野党自民党とも連携して、復興のためには増税ではなく国債を発行すべきだと提案しました。

【金子:日銀引受の震災復興国債を発行せよ】

○金子洋一君 東日本大震災の復興につきまして、私は日銀引受けの復興国債を20兆円を超える規模で発行せよというふうに主張をしております。かつ、これは復興のためのものでありますから、それ以外の用途にはこれは絶対に流用をしない、つまり東北できちんと使うんだということと、同時に、20兆円も借りて大変なことになるんではないかなという市場の御懸念を打ち消すために、財政再建の計画も同時に公表して、そういったセットでお示しすべきではないかというふうに提案をさせていただいております。(中略)ところが、こうした提言につきまして、日銀総裁あるいは日銀からの出席者から「通貨の信認」が失われるとおっしゃって反対をされております。今回は、「通貨の信認」とは何かということにつきまして中心にお尋ねをしたいと思っております。

 日銀引き受けで20兆円復興国債を発行した場合、副作用があるとしたらそれは物価が上がることです。しかし今、経済はデフレに悩んでいるわけですからむしろそれは好ましいことです。白川総裁を指名したのですが、雨宮正佳理事が答弁に立ちました。【その部分については、省略しますので「デフレ脱却戦記2」をご覧ください。】日銀の観点からは国債の買い切りオペよりも社債購入の方がまずいのかどうかという問題について、イエスノーで答えられる簡単な尋ね方で、ごく普通に確認したのですがきちんと答弁してはいただけませんでした。

「質問には答えない」という問題点は、日銀官僚が共有する欠点です。質問に真正面から答えることがそんなに難しいでしょうか。前回の白川総裁に続き、今は日銀副総裁となっている当時の雨宮正佳理事もこうした説明責任に欠けた答弁をします。当然、こうならないように今回の質問レクでは、質問にきちんと答えるように日銀事務方にきちんと申し入れてあったにもかかわらず、不明朗な答弁で、極めて不誠実です。万一、国家機密などが関わるのなら事前に答えられないと連絡してくればいいのです。

【金子:通貨の信認とハイパーインフレについて】

○金子洋一君 それでは、「通貨の信認」の件、引き続きお話をさせていただきます。総裁の答弁で、「(物価に)非連続的な変化が生じた過去の例がある。だから日銀の引受けはできないんだ」という答弁が(過去に)ありました。

 私に対してではありませんが、「通貨の信認」が失われてハイパーインフレが起きた例があったという白川総裁の国会答弁があったのでこれについての質問です。

【金子:わが国とボリビアやアルゼンチンは同じと主張するのか】

○金子洋一君 昨日、3時間以上掛けてレクをさせていただきましたけれども、その中で我が国のような先進国、通貨発行権を持って生産設備が毀損されていないという条件の下でそういった非連続的な変化が生じた例というのはあるのかとお尋ねをさせていただきました。そうしましたら、質問レクに来られた日銀の皆さんが何とマンキューの教科書を持ってきました。戦間期のドイツ、これは通貨供給量が半年で1億倍になった、そういう例を持ってこられました。あとは1985年のボリビアの例です。「本当にこれのことですか、まさか日本にこういうことが起きるわけじゃないですよね」とお尋ねをしましたら、午後六時になって2001年のアルゼンチンの例を持ってこられました。

 ここは皆さん笑うところです。こういうことを本気でやらされている日銀職員の皆さんに心から同情します。

【金子:ハイパーインフレは起こらないと考えていいか】

○金子洋一君 果たして(今の)日本の経済を考える上で、戦間期のドイツ、戦争に負けて焼け野原になったドイツ、そしてボリビア、アルゼンチン、これが例になるのかと引き続きお尋ねをしましたところ、(質問取りにきた日銀職員が)「通貨発行権を持っていて、かつそういった生産設備が毀損されていないケースでは例はない」というふうにおっしゃったわけです。ということは、ハイパーインフレが日本で起こる可能性はほとんどない、そう考えてよろしいわけですね。簡潔にお願いします。

これまでの経緯から都合の悪い質問にはお答えになる意思もしくは能力がないとしか判断できませんので、ここも疑問の余地がない簡単なイエスノークエスチョンです。ところが・・

【質問と関係ない白川総裁の独演会がはじまった】

○参考人(白川方明君) 通貨の信認が崩れるということがあってはならないということで、各国とも努力をしております。したがいまして、例として、先進国は現在その通貨信認ということで原則が確立しております。その結果、先進国において激しいインフレが起こるということは戦後においては非常に少なくなってきているということであります。しかし、このことは通貨の信認を守る仕組みが重要でないということじゃなくて、まさにそういう重要な仕組みを尊重しているからこそそうした事態を避け得ているというふうに思っております。

 白川総裁、ここは国会です。あなたの演説をする場所ではなく、議員からの質問に答える場所なのです。こんなに単純な質問に答えられないということは、痛いところを突かれたということで解釈していいわけですね。

【金子:質問に答えてください】

○金子洋一君 済みません、「(日銀の返答を)ハイパーインフレが日本で起きる可能性はほとんどないと私は受け取ったんですが、そう考えてよろしいですね」と御質問申し上げたつもりなんですが、その点についてお答えはいただけないんですか。

 なぜ単純なイエスノークエスチョンに答えないのでしょうか。

【日銀:質問に答えることは不適切だ】

○参考人(白川方明君) 中央銀行総裁の立場で、ハイパーインフレが起こるとか起きないというふうな言い方自体、これは多分不適切だというふうに思います。中央銀行として大事なことは、通貨を発行するという大事な権能を法律によって与えられている以上、この信認をしっかり守っていくように努力していくということに尽きます。

醜い理屈で堂々と答弁を拒否されてしまいました。ハイパーインフレが大嫌いな日銀がまともに答えたくないというのはやはりハイパーインフレは今の経済状況では「起きない」と解釈することで問題ないでしょう。金融政策の舵取りを誤るとひどいことが起きると主張してきたのはどこの誰なのでしょうか。

【金子:説明責任に欠如した総裁】

○金子洋一君 正直に申し上げまして、真っすぐにお答えをいただけないというのは甚だ残念でございます。

誰がどう見ましても、戦間期のドイツのようなこと、あるいは1985年のボリビアのようなこと、あるいは2001年のアルゼンチンのようなことは、我が国では通貨発行権を持っていますし、インフレファイターとして有名な日銀があるわけですから、こういった状況で誰がハイパーインフレが起こると考えているのかということになりますと、これはいないというふうに考えざるを得ないわけであります。

市中消化を前提とした場合で日銀の直接引受けをしてもインフレにならないということが、これはまた明らかになったわけであります。

ハイパーインフレもどういうふうに起こるのか分からない、その可能性についても(白川方明総裁は)言及すらできない。言及ができないということでしたら、それは「ない」ものだとしか我々には受け取れません。

例えば、「ハイパーインフレ、非常になりにくいんですが、こういうようなケースがあって、こういうことがあって、こういうことが重なれば我が国でもなります」ということだったら分かるんですが、そういった、社会学的に申しますと操作的な定義すらしていただけないのでは、公的機関のヘッドとしてそういう答弁を国会でなされるのでは大変困ると言うしか、私申し上げられません。

 FRBバーナンキ議長が今回の白川総裁の答弁を聞いたらひっくり返るでしょう。透明性も説明責任もありません。

【金子:日銀券ルールが破られそうになって問題があったか】

○金子洋一君 国債の市中消化能力につきまして、過去のデータを見てまいりますと、平成15(2003)年秋、日銀券の発行残高が約70兆円あった。その一方で長期国債の保有残高が約65兆円あったという時点がございます。これはいわゆる「日銀券ルール」、「銀行券ルール」を信奉する日銀の立場からしますと、ルールが今にも破られてしまいそうだという大変憂慮すべき状態だったと思います。総裁にお尋ねしますけれども、そのときに実体経済に何か悪い影響があったんでしょうか。インフレが起きたんでしょうか。国債の市中消化に問題があったんでしょうか。そして、「通貨の信認」がそこで失われたんでしょうか。その点についてお答えお願いします。

 具体的に質問をなければ回答が来る可能性すらありませんのでもっと具体的に質問します。

【質問に答えない白川総裁】

○参考人(白川方明君) 今議員が御質問になりましたその時期も含めまして、日本銀行は、今先生がおっしゃったいわゆる「銀行券ルール」ということを原則に国債の買いオペを行うということについて我々自身明確に説明し、市場でもそういうふうに信用されておりました。したがいまして、そうした原理原則がしっかり確立されていることによって問題を防ぎ得たというふうに思っております。

 いつもどおり、都合の悪い質問には答えません。当然、これは「銀行券ルールが破られそうになっても問題は生じなかった」ということを、答えないことによって白川総裁は認めたということ以外の何者でもありません。

【金子:銀行券ルールは経済学的に意味あるのか?】

○金子洋一君 個人的には大変不満なお答えなんですが、また、経済学者でも日銀券ルールが経済学的に根拠があるとお考えになっている方は恐らく西村副総裁を含めても余りいらっしゃらないんじゃないかと思いますが、いや、いらっしゃるんだったら御発言いただければ結構ですけれども。

 白川総裁とならんで出席していた学者出身の西村清彦副総裁はニヤニヤしていました。もちろん異論があるのだったら答弁していただいてもよかったのですが。

【金子:日銀券ルールを前提にしてもあと18兆円追加できるはず】

○金子洋一君 仮に、銀行券ルールを前提といたしましても、平成15(2003)年秋は上にマージンが5兆円あった。現在はどうかと申しますと、発行銀行券の残高が80.9兆円、また長期国債の保有残高が58.2兆円でございます。となりますと、23兆円まだある。日銀券ルールを前提としましても、あと23兆円、長期国債の保有を増やせるわけですね。先ほど申しました15年の例で見ますと5兆円分空いていましたから、それを考慮に入れても18兆円買えるわけですよね。

 日銀が勝手に作った経済学的にも実証的にも無意味な「銀行券ルール」。あえてその土俵に乗ったとしても、長期国債をあと18兆円買えることになるわけです。

 【金子:だって悪いことはなにも起きなかったではないか】

○金子洋一君 特に御返事をいただけませんでしたので、15年の場合何も起きなかったということを前提にさせていただきますが、今の状態でも市中から18兆円分購入することはできるわけであります。そして、そういったルールを前提としても、ほぼ満たす条件でもマイルドなインフレにすらなっていなかったということは、誰が見ても明らかだと思うんですね。それを私は今回強調申し上げたい。

 【金子:日銀は「通貨の信認」の定義をなぜか教えない】

○金子洋一君 もう一点、今回の質疑で大変よく分かることなんですが、実は「通貨の信認」について、定義を教えてくれと質問レクの際に(日銀の担当者に対して)申し上げました。「通貨の信認を毀損するので日銀引受けの国債発行できません」と、国会で何回も何回も総裁御発言なさっていますよね。ということは、当然、「通貨の信認」というのは誰もが明らかな形で定義をされているんだろうなと私は思ったわけであります。ですから、「じゃ、行内の資料でもいいし、出来合いのものでいいです、切り張りでいいですから定義持ってきてください」と言っても、出てこない。これ、おかしいことだと思いませんか。

 国会質疑の事前通告のときに日銀の官僚に尋ねてもまったく資料が出てこないということは、存在しないと解釈するしかありません。それとも書かれた定義がなくても、行内の皆は解っているということなのでしょうか。それでは「通貨の信認」とは一子相伝の奥義になってしまいます。週刊少年ジャンプ「北斗の拳」の世界です()

 

【金子:日銀の独立性はどこまで拡大解釈するのか?】

○金子洋一君 その先にちょっといろいろ追加的なお尋ねをしましたら、いや、「『通貨の信認』については定性的な定義はあるんだけど定量的な定義はない」というふうにその日銀の方がおっしゃったわけです。それじゃ外部の人間が、今の状態が通貨の信認が保たれているというふうに判断できないじゃないですかと言ったら、「いや、そこは半期に一度、展望レポートを出して日銀が判断をしますから、それを読んでください」という御返事だったわけです。これでは市場とのキャッチボールにならないわけですよね。

 説明責任も、透明性もない日銀当局。国会での議論を避けるとは民主主義国家ではありえないこと。まさしく戦前の軍部の統帥権の独立ではないでしょうか。

 実際、白川総裁は平成222010)年105日の記者会見で「私どもは、この中長期的な物価安定の理解を念頭に置きながら、先々の経済・物価情勢を点検していき、その結果として、物価安定のもとでの持続的な成長経路への展望が拓けていくかどうかについて、毎回の決定会合あるいは毎回の展望レポートで点検をしていき、その上で、そうした私どもの経済・物価の見通しをしっかりと示していくわけです。機械的な公式があり、この公式で金融政策が運営できるのであれば、そもそも中央銀行はいらないわけです。」と偉そうに発言しています。こうした発言を聞けば、複雑な作業が必要ではあっても「機械的な公式」よりもずっと優れた、誰の眼にも明確な判断基準がいくつかあってそれらに基づいて総合的な判断を下しているとしか聞こえません。それが実は定義すらできていないとしたらこれは国家の一大事です。

 

【金子:日銀は「判断は俺に任せてくれ」というが・・】

○金子洋一君 じゃ展望レポートというのは、私も書けるんですかとばかな質問をしましたら、それは日銀部内で書きますと。じゃ、日銀が要するに判断をするんだと、俺に任せてくれと言っているのと同じじゃないですか。それで、こういう状況で市場とのやり取りとか、あるいは政府との密接な連絡といってもまずいと思いますが、総裁の所見をお伺いします。

 ハイパーインフレの問題に続いて、「通貨の信認」の定義も示せないようです。日銀は人前で発言できないような概念に基づいて、経済指標を処理し、判断していると言い張るのでしょうか。

 

【勝手に質問を変えて答え始める白川総裁】

○参考人(白川方明君) お尋ねは、通貨の信認の定義は何なのかということだというふうに受け止めました。これは先ほど、既に国会で言ったこと、先回、三月の二十五日に言ったことについては言わぬようにということではございましたけど、御質問でありますので、その部分については若干重なりますけれども、二つの要素があるというふうに考えています。一つは、中長期的に見て物価の安定が確保されている……

 答えたくない質問については恥知らずにも勝手に質問を作りかえるのが日銀官僚のやり方です。どうしてこういうことをするのでしょうか。すかさず私は叫びました。

 

【こら!勝手に質問を作りかえるな!】

○金子洋一君 いや、それはそうじゃないです。だから、「展望レポートで公表しているからそれでいいんだ」ということについてどうお考えなのかと。

 

【「通貨の信認は厳密に数量的に定義できない」と白状した】

○参考人(白川方明君) 展望レポートでは、先々の経済、物価の姿、見通しを展望しまして、それが我々の判断する中長期的な物価安定の定義に照らしてどういうふうに評価できるかということを示しております。
通貨の信認、物価の安定ともう一つ、これは最終的に通貨の支払、これは、現代の金融システムの下ではこれは預金通貨でございます。つまり、最終的に預金がちゃんと元本が返ってくるという安心感でございます。これはリーマン・ショックのときにも示されましたけど、最終的にあの局面では欧米各国、政府が公的資本注入を行いました。つまり、最終的に民間金融機関の信用というのは、これは国家のやっぱり信用によって支えられるということでございます。これは言い換えますと、財政のバランスについて中長期的なバランスが確保されるかということに帰着します。それであるがゆえに、ユーロの参加の条件として、その一つの条件として財政バランスも入っているわけでございます。
そういう意味で、厳密に数量的に定義できないけれども、しかし、大事なことは世の中にはたくさんあるというふうに思います。民主主義もそうですし、この通貨の信認ということもそうだというふうに思います。

 

「厳密に数量的に定義できないけれども、しかし、大事なことは世の中にはたくさんあるというふうに思います。民主主義もそうですし、この通貨の信認ということもそうだ」というのはわが国の経済史に残る迷言になると思います。

 質問に答えない上、逆切れして、ついに「通貨の信認」は定義できないと認めてしまったわけです。また、ここで白川総裁は「厳密に数量的にはできない」と答弁していますが、日銀側からは「定性的」にすら定義が示されていないことに注意してください。定義の明確ではない議論は議論の名に値しません。

 

【データの公開を求める⇒当然日銀は公開しない】

○金子洋一君 御答弁については全く納得できませんが、時間が参りました。日本銀行が保有する長期国債の残存期間別割合とその残存期間を今後毎月公表していただきたいということと、学者さんや学会に対する支出の公表も是非お願いをしたいと思っております。

 もちろんその後、日銀は公表してくれませんでした。本当に彼らは説明責任という言葉とは無縁な組織です。

 

【金子:無能な中央銀行は解体すべきだ(怒)】

○金子洋一君 ハイパーインフレは、戦間期のドイツで起きました。これは、古い無能なライヒスバンクという中央銀行をぶっ潰してレンテンバンクに変えてレンテンマルクを出したということで終結をしましたので、金融政策をきちんと使えばハイパーインフレにすら対応ができるんだということを強調させていただきまして、私からの時間、終了させていただきます。ありがとうございました。

 つまり、「古い無能な中央銀行はぶっ潰せ」と発言したわけです。多くの同胞が犠牲になった未曽有の震災後に自分の組織のことだけ考えて何の政策も打たない日本銀行には強い憤りを感じます。知性はもちろん人間性も欠けているとしかいいようがありません。


以上、「デフレ脱却戦記2」からの解説付きの引用です。この質疑の解説なしの全文は白川日銀総裁「通貨の信認は定義できない」にあります。