白川日銀総裁候補のすさまじい所信表明

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

衆議院議員運営委員会で白川方明日銀総裁候補(現・日銀副総裁)に対する所信の聴取がありました。

  《金融政策の効果が経済全体に及ぶには長い期間がかかるとして、中長期的なリスクにも目配りする必要がある、と指摘した。》
(中略)
《景気の先行きについて「当面減速するものの、その後は緩やかな成長を続けるという姿を、相対的に蓋然(がいぜん)性の高いケースとして想定している》
(中略)
《金融政策運営についての基本的考え方について白川総裁候補は、「歴史を振り返ると、景気や為替、財政など短期的な配慮が優先され、経済が混乱した事例に事欠かない。そのような経験から、中央銀行に権限を与え、持続的な物価安定の実現という目的に専念させるという考えが生まれた。これが中央銀行の独立であり、中央銀行の行動を律する重要な原則だと理解している」と指摘。》
国際金融市場の動揺が最大のリスク、機動的に政策実施=白川日銀総裁候補

これだけすごいと論評する元気もなくなります。「追加利上げ積極派」で「景気は後退していない」し、「物価の安定が景気よりも優先する」というのは、見ざるいわざる聞かざる状態です。もはや統帥権の独立にも比すべき横暴としかいえません。 このまま日銀をほうっておくわけにはいきません。この続きはまた明日書きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする